卵巣がん

子どもたちのために健康な臓器を切除したアンジェリーナ・ジョリー「私の希望はできる限り長い時間を子供の人生に尽くすこと」

アンジェリーナ・ジョリーは、2013年に両乳房切除、再建手術を受けた。さらに、2015年には両側の卵巣、卵管を切除する手術を受けている。当時、健康な臓器を切除する決断を下したのは、56歳の若さで乳がんで亡くなった実母の影響だった。アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査を行った結果、BRCA1遺伝子に変異が見つかった。乳がん、卵巣がん発症のリスクがそれぞれ80%、60%に達することがあるものだ。一度目 […]