海外ニュース

【無償の仕事/ボランティア】犬の里親探しにビジネスを利用するビール会社

フロリダのビール会社が施設にいる犬に飼い主を見つけようと動いている。自社の缶ビールに保護犬の顔写真を印刷して売り出したのだ。 米フロリダ・ブレーデントンのビール会社『Motorworks Brewing』は、4本セットのビールに地元の動物保護施設にいる犬4匹の写真を印刷して売り出した。 『Motorworks Brewing』は地元の動物慈善団体への寄付資金を集めるため、イベント『Yappy Ho […]

【公共の場での正しいマナーとは】動物園で母乳をあげた女性がオラウータンと交流を深める

オラウータンと絆を深める機会を得た母親がいた。 今年1月9日、オーストリア・ウィーンの動物園で、オラウータンを息子に見せるためにガラス窓の近くに座ったジェマさん。オラウータンは約2メートルほど離れたところにいた。すると、オラウータンが立ち上がり、窓の近くに座りなおしたのだ。 ジェマさんの15か月になる息子が母乳を欲しがったので、静かな場所であることを確認後にあげ始めた。それから約30分の間、ガラス […]

【新婦の父のため】集中治療室での結婚式を成功させたカップル

末期の肺がんの父親のために、結婚式の日にちと場所を変更した米カップル。きっかけは、父親の癌が再発したことだった。 カップルは新婦の父親に見届けてもらうため、急遽、集中治療室での結婚式を行った。家族や牧師、病院の協力の元、30分ほどの短い結婚式を実現した。後に、新婦は「最も美しく、ほろ苦い瞬間でした。私にとって、何事にも代えがたい経験でした」と語った。 父親は集中治療室での結婚式について事前に知らさ […]

【公共の場での正しいマナーとは】飛行機の座席モニターを足で操作する人が登場

公共の場でのマナーというと、千差万別ながら日本人は『ちゃんとしている』と言われることが多いのではないだろうか。 ツイッターで公開されたこの映像。座席モニターを足で操作する女性の動画が話題になっている。投稿者は「僕はよくフライトを利用するけど、これは今まで飛行機で見た中で最低だね」とコメントしている。 I fly a lot and this, by far, is the most disgust […]

音楽界の歴史において最も影響力のある写真23枚

20世紀を駆け抜けた世界的アーティストと行動を共にし、彼らの舞台上での活躍からプライベートで見せる素顔まで写真に収めてきた写真家、ジム・マーシャル。 2010年に74歳で亡くなってからも、長年のアシスタントであるアメリア・デイヴィスの尽力により功績は生き続けている。今年、ドキュメンタリーと写真集『Jim Marshall: Show Me the Picture』が発表になった。   & […]

【昇給率41%に成功し学生ローン完済】アジア系アメリカ人女性が歓喜のダンスに込めた思い

多くの人が通る高等教育機関への進学という進路。日本同様にアメリカの大学の学費は比較的高く、現在も上昇傾向にある。名門私立校であれば年間約300万円する学費や生活費は家族の負担となり得る。アメリカと日本の学生の違いの一つとして、学生ローン利用者の数が挙げられる。日本では学費の支払いを親族がサポートすることが多いが、アメリカを始めとする欧米では学生ローンを利用し、卒業後に本人が返済を行うのが一般的だ。 […]

私たちを魅了し続けるスターバックス。美しい景観を最大限に利用した世界中の店舗を紹介

無数にあるカフェの中でもスターバックスの独自性はよく知られている。店内の造りからクルーのホスピタリティに至るまで、心地よい空間でつい長く過ごしたくなる工夫が随所に施されている。今回は、米メディア『Buzz60』がまとめた動画から、景観に秀でた世界のスターバックス4店舗をピックアップ。動画内の各店舗に関するウェブサイトを以下にまとめた (動画での紹介順)。 ミッション 元スターバックスCEOが教える […]

片づけコンサルタントの近藤 麻理恵、私生活では『人生がときめく片づけの魔法』を手放すと告白

今年9月号の米雑誌『Better Homes&Gardens』のカバーストーリーに登場した近藤 麻理恵さん。片づけコンサルタントとしてメディアや本で目にすることが多いキャリアウーマンであるが、私生活では2歳と3歳の二人の娘を持つ母である。夫とともに家族4人で米ロサンゼルスに住まいを構え、2016年に立ち上げた事業会社KonMari Media社を成長させている。ビジネスウーマンとして、また家族を支 […]

【2019年にアメリカで起きた銃乱射事件は250件目】米テキサス州エルパソのウォルマート襲撃で150人以上の命を救った男性がいた

8月3日に米テキサス州エルパソのウォルマートで発生した銃撃事件。少なくとも20人が犠牲となり、後に容疑者はヒスパニック系を狙った単独犯だったと判明した。テキサス州の歴史において特に犠牲者の多い事件となったが、一人の男性がとっさの行動をとらなければ、さらに犠牲者が増えていたことがわかった。 【米テキサス州エルパソ・ウォルマート襲撃】『緊急事態、急いで走れ』 37歳のギルバート・セルナさんは人生の半分 […]

あなたの世界の見方に挑戦する8つのフォトストーリー

7月20日、ニューヨークを拠点に活動するフォトエッセイ編集者Gabriel H. Sanchezが米メディアBuzzFeed Newsに記事を投稿した。言葉少なに、画面いっぱいの写真が8枚掲載された記事のタイトルは『8 Photo Stories That Will Challenge Your View Of The World (抄訳:あなたの世界の見方に挑戦する8つのフォトストーリー)』。B […]